トキムラの技へのこだわりについて

  • 会社案内
  • 事例紹介
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
技へのこだわり

製作の工程

製作の各工程を担当する担当者のこだわりをご紹介します。

① 打ち合わせ

打ち合わせ

お客様との打ち合わせは、ものづくりの上で一番重要な作業だと考えております。

トキムラでは営業職が無い為、実際にその案件を担当する設計者が窓口になります。
普通の流れではお客様→営業→設計担当になりますがここでは設計者が直接お客様のご要望を聞く事で様々なご提案が可能になります。

営業職のように気の利いた事は言えませんが、現場ならではの実戦的な打ち合わせができると思います。

② CAD作成

CAD作成

お客様と打ち合わせた担当者がCADデータを作成します。
トキムラでは検査治具、試作モデル、試作型と様々な品物を作っています。そのおかげでCADデータ作成時には各ジャンルの良い所を応用し、工数・コストを削減できるような設計をします。

品物を作る上での一番始めの作業なので、社内ミーティングを繰り返し、使い易さ・精度・美しさ・生産性などをできる限り実現できるよう設計しています。

③ 加工作業

加工作業

CADで設計された部品をマシニングセンタで切削加工します。
材質は木材、樹脂、金属など。さらに掘り下げていくと数え切れない程に種類があります。

一度加工した材質は全て切削時の最適な条件をデータとして残し、次回に活かしています。

1日で多いときは数十点の加工物をこなしますが、全ての加工物に対して最善の条件で対応し、限りなくCADデータを再現した部品を削り上げています。

④ 仕上げ作業

仕上げ作業

マシニングセンタで加工された部品のほとんどは仕上作業の対象になります。検査治具・試作型・試作モデルなど用途に合わせて仕上げの方法が異なり、また材質によっても仕上げ作業の方法を変えています。最後の作業工程なので時間的な制約もあり、夜遅くまでの作業も多くなりますが、手を抜くことなく安定した品物を仕上げています。

作製途中の設計変更などにも熟練したハンドワーク技術で対応し、お客様のご要望に応えられるように作業しています。

試作型・試作モデル・検査治具の製作ならお気軽にお問い合わせください
試作型、試作モデル、検査治具の製作なら有限会社トキムラへお問い合わせください
TEL:(0463)63-2130
FAX:(0463)63-2131